建設業における勤怠管理は、直行直帰の従業員や複数の現場を掛け持ちしている従業員への対応が必要で、正確な労働時間を把握することが難しい面があります。そのため、勤怠管理システムの導入が非常に効果的です。

ただし、勤怠管理システムを導入するには、建設業の勤怠管理の問題点を洗い出した上で、それを解決するための機能を備えた製品を選択する必要があります。この記事では、建設業に最適な勤怠管理システム選びのポイントと、オススメ製品についてお伝えします。

要件定義からできるSaaS導入比較サイト
勤怠管理システムを探す
\無料でご利用できます/

建設業における勤怠管理の問題点

各従業員が複数の現場に分かれてバラバラに働くという、建設業特有の働き方に起因して、以下のような課題が挙げられます。

  • 頻繁な労働環境の変化
  • 労務管理の負担の大きさ
  • 有給休暇の取得率の低さ
  • 工数管理の難しさ

直行直帰が多いため、タイムカード打刻が難しい

住宅・オフィス・ビル建設など、現場作業員は日によって労働環境が異なります。オフィスにタイムカードを置いておいても事務職や経理とは違い、毎回自社に立ち寄るわけではありません。

遠方の現場で作業を行っている場合、退勤打刻のための自社立ち寄りは非効率であり、移動の負担もあります。また、直行直帰が続いた場合は、正確な労働時間の把握は困難になり、タイムカード以外の勤怠管理の方法を検討しなければなりません。

労務管理の負担が大きい

現場作業員は長年人手不足の状態が続いており、高度なスキルを持った従業員が複数の現場を掛け持ちすることが珍しくありません。担当する現場によって労働時間・日数は異なるため、集計作業の負担は大きくなります。

指定出社日に勤怠報告や日報の提出をまとめて行う場合もあり、訂正や漏れがあった場合は正確なデータの集計・算出が困難な状況です。従業員の記憶を頼りに記録するしか無く、実態とズレが生じてしまう可能性もあります。

また、日報での管理は従業員に管理を任せられる一方、記入ミス・記載漏れ・虚偽申告など、正確性に課題を残します。従業員に細かく確認作業を取らなければならなくなり、「信頼されていない」と不信感を与え、仕事のモチベーション低下に発展する可能性もあります。

有給管理が難しい

人手不足・経費増大・工期遅延など様々な課題を抱えており、有給を取りやすい環境を整えられていないのが現状です。手作業による管理では、従業員一人ひとりの取得状況も正確に把握するのも難しく、有給取得に向けての十分なサポートが行えません。

結果として、令和2年に厚生労働省が発表した調査では建設業界全体の有給取得率は44.9%に留まっており、平均の56.3%と比べ大きく下回っています。
(参照元: 令和2年就労条件総合調査の概況|厚生労働省

年間5日以上の有給休暇取得が義務付けられている中、この現状は大きな問題と言えます。

工数管理が難しい

建設現場では、プロジェクトごとの予算実績管理や労務費の管理が重要です。案件ごとに予算・工数が異なり、同じ現場の従業員をグループにまとめた現場単位での集計・管理が求められるからです。

手作業やエクセルによる管理では見積と実データの付き合わせが難しく、工数管理に大きな手間が生じます。また、企業規模拡大やプロジェクト件数増加に伴い、転記ミス・打刻漏れ・集計ミスが発生するリスクが高まり、正確な勤怠データの把握が困難になります。

要件定義からできるSaaS導入比較サイト
勤怠管理システムを探す
\無料でご利用できます/

建設業に勤怠管理システムを導入するメリット

建設業の勤怠管理をシステム化することで、労働時間の正確なデータ把握や労務管理の効率化など、課題解決と生産性向上の両立を図れます。

労働時間が正確に管理できる

スマートフォン・タブレット端末から出退勤を打刻できる環境を整え、現場環境を問わず従業員の正確な労働時間をリアルタイムで把握できます。勤怠データを元に、残業が増えている従業員を比較的負担が軽い現場に配置するなど、従業員の働き過ぎを防げます。

また、本人用端末からしか打刻ができないため、タイムカードで発生していた不正打刻やなりすましのリスクを最小限に抑えることが可能です。

労務管理が楽になる

自動計算・集計機能によって、タイムカードの打刻漏れや日報での記載ミスを防ぎ、従業員の正確な労働時間を効率的に可視化できます。残業時間や有給休暇に関するアラート通知を行うことで、データ改ざん・虚偽申告・取得率低下を未然に防ぐことが可能です。

工数管理と連携できる

従業員一人ひとりの労働状況を確認できるだけでなく、同じ現場で働く従業員同士をグループ化して管理できます。現場単位で集計したデータを勤務管理システムと連携することで、手作業で転記する手間を無くせます。

また、事前に見積もっていた工数管理とのギャップをモニタリングし、予定よりも多く発生した労務費の発生原因を把握できます。予算が厳しく精度の高い工数管理を要する現場に臨む前に、綿密なシミュレーションを立てられます。

法改正にも対応できる

勤怠システムの導入で正確なデータの集計・可視化を実現し、法改正へのスムーズな対応を実現できます。修正対応はシステム提供元で行われるため、法改正に伴う現場の混乱を最小限に抑えることができます。

2019年に労働安全衛生法が改正され、全ての従業員の労働時間を客観的に把握することが企業に義務付けられるようになりました。記録は3年分保存しておく必要があり、紙ベースでの管理では限界があります。

また、建設業界に猶予を与えられていた時間外労働・休日出勤(月45時間、年間360時間)の上限規制も、2024年4月からは施行されます。特別条項付き36協定を結んだ場合でも休日出勤を含め月100時間、年間720時間以内が上限となり、違反した場合には罰則も課されます。

36協定による上限規制についての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。
>>【新制度対応】36協定で認められる残業時間は?|原則は月45時間

要件定義からできるSaaS導入比較サイト
勤怠管理システムを探す
\無料でご利用できます/

建設業の勤怠管理システムに求められる機能とは?

建設業の勤怠管理の課題を全て解決可能な機能を搭載しているシステムの選択が重要です。モバイル打刻端末、申請ワークフロー、GPS対応、工数管理・工事原価管理との連携、給与ソフトとの連携の内容を詳しく紹介します。

モバイル端末打刻

現場への直行直帰が続いた場合でも、正確な労働時間を反映できます。スマートフォン・ノートPC・タブレット端末から手軽に勤怠入力を行える環境を整えることで、打刻漏れや不正打刻のリスクを抑えられます。

申請ワークフロー

残業・休日出勤・有給休暇取得など、複数人の承認が必要な申請手続きを現場に居ながら行えるため、業務効率の改善が図れます。

対面や書類での申請は、承認者が不在の場合に業務が滞りやすい課題を抱えています。申請ワークフロー機能を利用することで、場所・時間を問わず申請できる体制が整備され、利便性が高まります。

GPS対応

「誰が、いつ、どこの現場にいるか」を明確に把握できます。現場で従業員が打刻をした場合は即座に情報が更新され、管理者はリアルタイムにデータを確認できます。また、本人用端末からしか打刻できないため、不正打刻のリスクを最小限に抑えられます。

工数管理・工事原価管理との連携

人員の配置ミス・労務費の高騰・資材の手配漏れなど、工期遅延やランニングコスト増大のリスクを最小限に抑えられます。

工数・原価管理機能を搭載した勤怠管理システムの導入で、正確なデータに基づいた管理を実現できます。工事の進捗状況をリアルタイムで把握できる他、利益の最大化を目指せます。

給与計算ソフトとの連携

自動計算・集計によって算出した正確な勤務データを給与計算ソフトに反映し、給与計算の手間を軽減します。モバイル端末打刻によって、複数の現場を掛け持ちしていた場合でも正しいデータを集計できます。

給与計算に掛かる時間を大幅に短縮し、他の業務に充てる時間を確保できます。

要件定義からできるSaaS導入比較サイト
勤怠管理システムを探す
\無料でご利用できます/

建設業に実績のある勤怠管理システム5選

ここからは、建設業特有の勤務形態に対応できる勤怠管理システムを、5つご紹介します。

KING OF TIME(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

KING OF TIMEは、市場シェアNo.1を誇るクラウド型勤怠管理システムです。メルカリ・東京ガス・ティンバーランドジャパンなど、37,000社以上の企業に導入されています。

モバイル端末・ICカード・指紋認証など、現場の状況に合わせた豊富な打刻方法を選択でき、充実したサポート体制が特長です。また、ワークフロー申請・給与ソフトとの連携・データ分析などを搭載しており、スムーズなデータの可視化と作業効率改善が期待できます。

システムの運営・バージョンアップ・バックアップなどのサポート体制は24時間365日対応しており、トラブルがあった場合も安心して相談できます。打刻方法のデモンストレーション体験や個別相談ができるショールームが設けられているため、活用してみてもいいでしょう。

特長

  • 豊富な打刻方法のバリエーション
  • 業務効率化
  • 外部システムとのスムーズな連携
  • 充実したサポート体制

主な機能

  • ワークフロー申請
  • スケジュール管理
  • 給与ソフトとの連携
  • 残業・休暇取得状況の管理
  • 主な打刻方法
    • モバイル端末
    • 指紋認証
    • 顔認証
    • チャットツール

導入価格(月額):打刻人数×300円

jinjer勤怠(jinjer株式会社)

jinjer勤怠は、多様な打刻方法・シフト管理・ワークフローなどを搭載し、契約継続率99.4%を誇る高機能勤怠管理システムです。ユーザーが使いやすい環境整備に注力しており、締め処理画面はワンクリックで完結できる他、スマートフォンのみのシステム構築も可能です。

2週間単位でアップデートを繰り返しており、法改正への素早い対応力も備えています。また、AIによる予算実績確認で精度の高い工数・原価管理を実現し、労働時間の厳格な管理と利益最大化の両立を目指せます。

様々な業界の企業に高く評価されており、ソフトバンク・マルハニチロ・スノーピークなど、累計登録者数は15,000社を超えています。

特長

  • 優れた利便性
  • 多機能
  • 法改正への素早い対応
  • AIを駆使した高精度を誇る予算実績管理

主な機能

  • ワークフロー
  • シフト管理
  • 予算実績管理
  • 有給管理
  • 打刻方法
    • PC
    • スマートフォン・タブレット
    • ICカード

月額料金:40,000円~(400円×最小利用人数10人)

e-就業OasiS(株式会社ニッポンダイナミックシステムズ)

e-就業OasiSは、36協定の設定や勤務パターンの入力など、慣れない作業で生じる負担を軽減できるよう、要件に応じた初期設定を行った状態で納品されます。すぐに利用開始できる他、運用やメンテナンスはベンダーに一任できるため、安心して導入できます。

また、勤務日報と工数管理を一元化したプロジェクト工数実績管理を利用し、残業時間と労務費削減を実現可能です。

特長

  • 導入~メンテナンスまで手厚いサポート体制
  • 工数・経費の一元管理
  • 労働時間が把握しやすい管理画面
  • 豊富な勤務体系に対応

機能

  • インフォメーション
  • プロジェクト工数実績管理
  • 有給取得管理
  • 残業時間の自動集計・管理
  • 打刻方法
    • PC
    • スマートフォン
    • ICカード
    • タイムレコーダー

料金:初期費用48,000円+16,000円/月(ユーザー50名想定)

勤労の獅子(エス・エー・エス株式会社)

勤労の獅子は、充実したサポート体制で継続率99%を誇る勤怠管理システムです。豊富なノウハウを持つスタッフが、課題分析・活用方法提案・設定作業代行まで一貫したサポート体制を敷いています。

導入から運用まで丁寧にレクチャーを受けられるため、初めて勤怠管理システムを導入する場合も安心して利用できます。また、複数出勤・ヘルプ勤務・シフト管理など、1,000以上の勤務体系に対応しており、各企業に応じた柔軟な働き方を実現可能です。

また、他社には無いサービスとして、弁当・食事管理のオプションも備えています。モバイル端末で得た打刻データを活用することで、注文票への記載を要さず各現場で必要な弁当の個数を集計できます。従業員の休憩時間を確保し、体力回復や集中力向上を図れます。

特長

  • 充実したサポート体制
  • ほとんどの給与計算ソフトと連携可能
  • 多彩なシフト管理
  • 法改正への素早い対応
  • ユニークな機能

主な機能

  • シフト管理
  • 36協定設定に基づいた残業管理
  • 複数出勤・ヘルプ勤務
  • 弁当・食事管理
  • 打刻方法
    • スマートフォン
    • ICカード
    • LINEWORKS
    • カメレオンコード+顔認証

月額料金:100円/1ユーザー+オプション

ジョブカン勤怠管理(株式会社Donuts)

ジョブカン勤怠管理は、多彩な打刻方法・高いカスタマイズ性・充実したサポート体制を兼ね備えた勤労管理システムです。ユーザーからの厚い支持を集めており、テレビ朝日・楽天ヴィッセル神戸・タマホームなど累計12万社に導入されています。

打刻方法は利便性に優れたLINE・Slack・ジオフェンシングなどを利用し、現場環境の変化や直行直帰が多い建設業界の現場作業員でも、正確な勤務データを集計可能です。

管理担当者が打刻エリアを限定することで打刻時間・場所の正確性を担保でき、不正打刻や打刻漏れのリスクを最小限に抑えられます。

また、シフト管理・ワークフロー申請・モバイル機能は豊富なバリエーションを取り揃えており、自社に合った形へのカスタマイズが可能です。初期費用・サポート費用は掛からず30日間のお試し期間も用意されているため、安心して利用できます。

特長

  • 利便性に優れた打刻方法を多数用意
  • 柔軟な働き方に対応可能
  • 優れたカスタマイズ性
  • 初期費用・サポート費用は無料

主な機能

  • シフト作成
  • 工数管理
  • 超過労働対策
  • 休暇申請管理
  • 主な打刻方法
    • LINE/ Slack
    • ジオフェンシング(GPSの位置情報を利用して打刻エリアを限定する方法)
    • ICカード
    • モバイル端末

月額料金:利用機能1つにつき1ユーザー200円(月ごとのプラン変更可能)

建設業の勤怠管理はシステム化が不可欠

建設現場で働く従業員は複数の現場を掛け持ちしており直行直帰も多く、システムを介さない勤怠管理では記載・計算ミスのリスクが高く、管理者の業務負担が増大します。また、従業員の客観的な労働時間を把握できていないと、過重労働からの事故に発展する場合があります。

トラブルを防ぐためにもリアルタイムに勤務状況を把握できるシステムの導入が不可欠です。「勤怠管理システムの選定・比較ナビ」であれば、建設業に必要な要件を満たしている勤怠管理システムの中から、自社に最もマッチするシステムを探し出せます。

>>要件定義からできるSaaS導入比較サイト:IT Forward

要件定義からできるSaaS導入比較サイト
勤怠管理システムを比較する
\無料ダウンロード/