最近の法改正による労働制度の変更で、フレックスタイム制を導入する企業と裁量労働制を導入する企業が出てきました。

これらの制度は、特定の時間に縛られない新しいタイプの働き方ですが、内容は少し異なります。

この記事では、混合されがちなフレックスタイム制による働き方と、裁量労働性による働き方の違いをわかりやすく解説します。

フレックスタイム制と裁量労働制をわかりやすく

フレックスタイム制と裁量労働性は、どちらも本人の意思によって働く時間を決めることができる制度です。混合されがちですが、働き方の内容は全く異なる制度です。

フレックスタイム制とは

フレックスタイム制とは、労働者が出勤する時間や、働く時間を自由に決めることができる制度。

フレックスタイム制には、一定期間についてあらかじめ定められた総労働時間があります。その総労働時間を労働者が自由に配分して、日々の始業・就業時間を決められる働き方です。

フレックスタイム制には、コアタイムと呼ばれる時間と、フレキシブルタイムと呼ばれる時間があります。コアタイムは、必ず働かなくてはならない時間のことです。

一方でフレキシブルタイムとは、働いても働かなくてもどちらでも良い時間のことです。

例えば、午前中の特定の時間帯に業務が集中しているような会社では、コアタイムは午前中に設定します。

それ以外の時間はフレキシブルタイムにして、従業員が自分の仕事の進捗に応じて自由に働くかどうかを決めることができます。

フレキシブルタイムは会社のオフィスが空いている時間帯、同僚も働いている時間帯でもあります。

フレックスタイム制にすると、社員の都合によって自由に出勤時間や退勤時間を選ぶことができます。しかし、24時間いつでも自由ということではなく、フレキシブルタイムの時間帯は自由に出勤・退勤ができるということです。

コアタイムの時間が長くなってしまうと、普通の定時で働く仕事と大差ない状態になってしまいフレックスタイム制を導入した意味があまりありません。フレックスタイム制を導入する際は、コアタイムの設定がポイントです。

最近では、すべての労働時間をフレキシブルタイムとし、勤務時間から出勤日まですべてを労働者の裁量に任せる企業もあります。これを『スーパーフレックスタイム制』と呼びます。

※フレックスタイム制ってどんな働き方?

裁量労働制とは

裁量労働制とは、社員が働いた時間ではなく働いた成果によって給料が決まる制度のことです。

裁量労働制にはあらかじめ労働時間を決める『みなし労働時間』があります。会社から任された仕事を完了すれば、実際の労働時間に関わらず、みなし労働時間分働いたことになり、相応の給料を支給される制度です。

つまり、みなし労働時間が8時間で、会社が決めた仕事を6時間で終わらせると、6時間しか働いていなくても8時間分の給料がもらえることになります。

労働内容は会社が決めることができるので、無理難題を押し付けられるのでは…と心配かもしれません。

しかし裁量労働制を採用している企業は、実際の勤務時間とみなし労働時間の違いを、労働監督署に届け出する義務があるので、あまりにもかけ離れたことはできません。

もし明らかにみなし労働時間に終わらないような仕事内容であれば、みなし労働時間を増やさなければなりません。

裁量労働制では残業代は発生しませんが、みなし労働時間が8時間を超えた場合、裁量労働制であっても残業手当が発生します。

そのほか、休日出勤や深夜勤務の場合は、裁量労働制であっても手当を支払わなければなりません。

また、裁量労働制はすべての職種で使えわけではなく、企画や管理等の特殊な一部の仕事のみで使える制度です。

つまり、単純労働や、営業職などで裁量労働制を導入することができません。

※裁量労働のメリット・デメリット

フレックスタイム制と裁量労働制の違い

それでは、フレックスタイム制と裁量労働制は、具体的にどこが違うのでしょうか。3つのポイントに分けて解説します。

裁量労働とフレックス

1. 対象職種の範囲が違う

まずフレックスタイム制と、裁量労働制では対応職種の範囲が違います。

フレックスタイム制は多くの職種で導入することは可能ですが、裁量労働制は対象となる職種は限られます。

裁量労働制には、『専門業務型裁量労働制』と『企画業務型裁量労働制』の2種類があり、どちらかに該当する職種でなければ導入できません。

裁量労働制が適応できる職種は、ライター、デザイナー、ディレクター、プログラマー、会計士、弁護士、金融商品の開発職、証券アナリスト、建築士、研究職などがあります。

2. 労働時間管理の方法が違う

フレックスタイム制と裁量労働制では、労働時間の管理が異なります。

裁量労働制は、「与えられた仕事を終わらせると、みなし労働時間分働いた」ことになるので、働いた時間の割に給料が安くなったり高くなったりします。

つまり裁量労働制は、働く時間が短くても長くても、仕事が終わっていれば約束された給料がもらえます。

一方でフレックスタイム制には、総労働時間があります。「月ごとなどの一定期間に与えられた総労働時間を、社員の判断で自由に配分ができる」という制度です。

つまり、フレックスタイム制は、総労働時間分は働かなくてはいけないので、始業を遅らせた分や終業を早めた分は、他の日にその分長く働くことになります。

3. 残業代が違う

裁量労働制とフレックスタイム制では、残業代の扱いが異なります。

裁量労働制では、基本的に残業代は発生しません。みなし労働時間が8時間の場合、たまたま忙しくて9時間働く日があっても、残業代は出ません。その代わり、効率的に仕事を片付け、7時間で終わっても給料は減りません。

しかし、日常的にとても8時間以内では終わらない仕事を任されている場合は、みなし労働時間を伸ばさなくてはいけません。みなし労働時間が8時間以上になれば、超えた時間分は残業代が発生します。

一方でフレックスタイム制では、決められた一定期間の総労働時間によって、残業かどうか判断します。

1日8時間・週40時間の労働時間を超えても、ただちに残業代が発生するわけではありません。

つまり週45時間の勤務を1ヶ月続けると、月の後半に働いた分は残業代が発生します。

フレックスタイム制と裁量労働制

まとめ

フレックスタイム制と裁量労働制の違いについて解説しました。

どちらも労働時間に対する労働者の裁量が大きい、自由な働き方として注目を集めています。

フレックスタイム制は総労働時間を自由に配分できる働き方であり、裁量労働制は働いた成果によって給料が決まっている働き方です。

タイムカードに記録されている出勤時間と退勤時間だけを見ると、同じような働き方に見えますが、制度内容は全く異なるものです。

会社の実態に合う制度を導入すると、社員の働き方も生産性が上がり、働きやすい環境作りにもつながります。

裁量労働制とフレックスタイム制の違いをしっかり理解して、より良い労働環境作りを目指しましょう。