お店や会社の営業時間を伸ばすために、交代勤務の導入を検討している事業所もあるのではないでしょうか。交代勤務を導入すると営業時間も長くなり、会社としては売り上げを伸ばすチャンスが増える一方で、従業員の負担も多くなります。

交代勤務とはどのような働き方でどのような特徴があるのでしょうか。この記事では交代勤務に関わる手当やシフトの作り方などを分かりやすく解説します。

失敗しない勤怠管理システムの選び方とは?
・勤怠管理システム検討時に抑えるべき点を整理したい
・現状の勤怠業務で管理すべき点を網羅的に整理したい
・効率化(システム化)できる点を整理したい

勤怠管理システムの選定を効率化するなら IT Forward をご利用ください。

要件定義からできるSaaS選定比較サイト
勤怠管理システムを選定する
\無料でご利用できます/

交代勤務ってどんな働き方?

交代勤務は、簡単にいうと従業員が交代で出勤して働くこと。例えば24時間営業のコンビニエンスストアやホテル、レストラン、病院、介護施設などで採用されている働き方です。

他にも、工場なども交代勤務で24時間ずっと操業をやめないようにしている会社もあります。工場は、設備・機械によっては一度止めると再び立ち上げるのに数時間かかってしまう場合があるので、なるべく作業を止めないようにした方が良い場合もあるのです。

交代勤務とは

交代勤務とは、法定労働時間を超える稼働が必要な職場で、労働者を交代で勤務させる形態のことを指します。何組かのグループに分けて「日勤」「夜勤」などで勤務をする方法と、個人がバラバラな時間にシフト勤務する方法があります。

時間帯によって極端に忙しさが変わらない職場では、グループ分けで一括管理している職場が多いです。一方で、忙しい時間帯がはっきりしていて、時間帯によって必要な人数が異なる職場は、シフトで忙しい時間帯に人員を集める場合が多いです。

交代勤務はかつて病院や警察官などが一般的でしたが、現在では多様なニーズに対応するためにあらゆる職場で交代勤務が行なわれています。また最近では人手不足の影響を受けて、交代勤務をしていた職場であっても交代勤務の制度をやめている職場もあります。深夜営業をやめたファミリーレストランなど、費用に見合った成果が得られないことで営業時間を短縮したケースもあります。

二交代制と三交代制

グループ分けをして交代勤務をしている職場の場合、二交代制と三交代制があります。

二交代制は、長時間稼働している工場や店舗で、昼勤と夜勤の2つに分ける方法。昼勤専属のスタッフと夜勤専属のスタッフで固定する場合と、順番に交代で回す場合があります。具体的には、「8時〜17時」「16時〜翌1時」などというシフトが組まれます。

三交代制は、24時間体制を3つの時間に分ける方法。昼勤(日勤、早番)、準夜勤(遅番)、夜勤などと呼ばれ、こちらもどこかの時間帯を専属で固定する場合と、全員で3つの時間帯を交代して働く場合があります。「8時〜16時」「16時〜24時」「24時〜翌8時」などと区切り、実働8時間以内に設定します。

三交代制は、24時間稼働に対応できますが、ある程度のスタッフ数を確保しなければ成立させることができません。

二交代制でも24時間稼働に対応できなくはありませんが、常に法定時間外労働が発生することになり、労働者一人ひとりの負担も過重になるため、現実的とは言えません。

交代勤務が採用されている職場の例

交代勤務がよく採用されている業種としては、コンビニエンスストアやホテルなど、営業時間の長いサービス業が一般的に知られています。他には、病院や介護施設、施設の警備員なども、交代勤務が多いです。

また、鉄工所にある高炉など、工場の中にある機械は一度稼働させたら止めてしまうと再び稼働するのに数時間かかってしまう場合もあります。そのため、交代制で24時間操業としているような業種もあります。

要件定義からできるSaaS導入比較サイト
勤怠管理システムを調査する
\無料でご利用できます/

交代勤務のメリットとデメリット

交代勤務には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。交代勤務の導入に際しては、費用対効果をしっかり考えなければなりません。実際に交代勤務をしてよかった職場もあれば、交代勤務をやめて営業時間を短くした職場もあります。

メリット

メリットは顧客対応の強化が挙げられます。通常、土日祝日や夜間は休業している会社が多く、顧客対応ができません。しかし土日や夜間でも対応ができるように交代勤務で人員を配置していると、他社との差別化ができて、売り上げアップにつながることもあります。

あるいは日中しか稼働していなかった工場で、交代制勤務を導入して夜間に新製品を製造することで、1つのスペースで多くの製品を製造でき、生産力増強のために新たな工場を作る必要がなくなります。

他にも、病院や介護施設で、日中しか稼働していない施設を、24時間空けることで入院や泊まりができるようになるので、より幅広いニーズの利用者様に応えることができます。夜間に誰も活用していない個室や病室を有効的に使うことが可能となります。

デメリット

デメリットとしては、工場や店舗の稼働時間が長くなるため、その分の光熱費が高額になってしまうことが挙げられます。

また、繁忙に応じた人員の配置、急な欠員に対する代替要員の確保など、しっかりしたシフト管理体制が確立できないと、業務が立ち行かなくなります。

また、従業員にとっては勤務時間が不規則になるため、自己管理や健康管理に注意が必要となります。

会社側も、特に夜勤の多い従業員に対しては、定期的に休暇を与えたり健康診断を受けさせるなどのケアが必要となります。

交代勤務で健康を維持する対策

交代勤務で健康維持するには、どのような対策が必要なのでしょうか。せっかく雇った従業員が体調を崩してしまい、長期休業を余儀なくされてしまっては会社にとっては大きな損失となります。

さらにあまりにもひどい労働環境で仕事をさせていると、労災認定を受けてしまうことがあります。労災認定を受けてしまうと、治療費等の負担はもちろんのこと、会社のイメージダウンにもなってしまいます。

労災認定を受けるような過酷な労働をしている会社だとイメージが広がってしまうと、優秀な人材などが集まりにくくなってしまい、長期的に会社にとってマイナスになってしまいます。

なるべく時間帯を固定  

交代勤務で睡眠障害等になってしまう原因としては、日常生活が不規則であることが原因です。そのため、なるべく日勤専属、夜勤専属など、勤務時間帯を固定しておいた方が生活リズムが安定します。

毎回深夜に出勤していると深夜の勤務に合わせた生活リズムになっていきますし、勤務時間の切り替えのタイミングによる負担増も避けることができます。

しっかりと休日を与える  

交代勤務で勤務時間が不規則な従業員に関しては、明け休みなど特に休日を多めに与えておく方が良いでしょう。不規則な勤務であっても、休みの日の数が多いと、その日にしっかりと休息をして体調を整えることができます。

年次有給休暇に加えて、社員が自由に休みの日を指定できるリフレッシュ休暇などを導入してみても良いでしょう。なお、リフレッシュ休暇のような特別休暇は、取得した日を有給とするか無給とするかについて、会社が任意に定めることができます。

>>リフレッシュ休暇とは?制度や日数、有休との違いを解説

要件定義からできるSaaS導入比較サイト
勤怠管理システムを調査する
\無料でご利用できます/

交代勤務のシフト作成のコツ

交代勤務のシフト作成には、シフト管理機能が充実した勤怠管理システムの利用がオススメです。最近ではAI技術などの発達により、シフトを自動作成できる便利なソフトなども登場してきました。

クラウドの勤怠管理システム上で、シフトの自動作成もでき、給料や手当の計算まで一括でできる便利なサービスが増えています。システム導入の費用や毎月定額の使用料がかかることもありますが、アナログな勤怠管理を効率化したいとお考えの場合は、検討してみてもいいでしょう。

勤務パターンを作る

交代勤務のシフト作成のコツは、勤務パターンを作ることです。例えば、「午前9時から午後5時までの勤務のパターン」と、「午後5時から午前1時までのパターン」のように、勤務パターンを何パターンか作るとシフト作成は楽になります。

コンビニや飲食店などパートタイム勤務が多くいる職場では、労働時間が不規則に変動してしまい、勤務パターンが固定しにくくシフトの作成がややこしくなってしまいます。

忙しい時間帯と、比較的暇な時間帯がはっきりしている場合は、それぞれの勤務パターンが重なる時間帯を作っておいて、ピークタイムは全員がフル出勤するようにパターンを作ることもいいでしょう。

工場や介護施設のように、仕事内容によって人員体制が決めやすい仕事の場合は、時間帯ごとに勤務パターンを作り、後はそこに人員を当てはめていく方法にすると比較的簡単にシフトを作ることができます。

従業員を班分けする

従業員を班分けすると、シフトの振り分け作業が楽になります。例えばA班・B班・C班を作り、それぞれの班に従業員を分けます。働く時間帯ごとに日勤・準夜勤・夜勤などと、勤務時間帯も分けておきましょう。

ここまで決めておくと、日勤→準夜勤→夜勤と班ごとに回転させていけば、平等な勤務体制になり、一人ひとり当てはめてシフト作成するより効率的です。

もちろん、班のメンバーで誰かが有給休暇を取得する場合などは、班を超えて微調整をします。また、班ごとのメンバー構成を一定期間でシャッフルするといった工夫も必要ですが、シフト作成のたびに毎回頭を悩ませる必要はなくなります。

交代勤務はきついって本当?

交代勤務は時間が不規則なので、健康的に問題があるのではないか懸念されがちです。睡眠時間や起床時間が不規則になることで、食事なども不規則になってしまい全体の生活のバランスが崩れてしまう人が多いのも事実です。

切り替わりのタイミングがきつい

交代勤務は切り替わりのタイミングが1番きついといわれています。

例えば日勤をして帰宅して、翌日が夜勤だと、一見ラクなようですが、普段寝ているはずの時間帯に働くことになるので、夜勤中に眠気が襲ってくることもあるでしょう。

反対に、夜勤明けの日がお休みで、翌々日が日勤だと、また寝る時間が不規則になってしまうため体内時計がなかなか整わないことも。

夜勤明けの休日の場合、ほとんど寝ることしかできないので、従業員にとっても休日を有意義に過ごすことが難しくなってきます。

このように交代勤務では、切り替えのタイミングが大変なので、できるだけ勤務の時間帯を固定するか、夜勤明けは連休にすると従業員も体調管理がしやすくなります。

慣れると手当で稼げる

交代勤務で夜間や早朝に働く場合は、深夜割増賃金が発生します。深夜労働は午後10時から午前5時までの間で、この間は25%以上の深夜割増賃金の支払いが必要となります。

また、法定休日に出勤した場合は35%以上の休日割増賃金が発生し、休日出勤と深夜勤務が両方重なると割増率は60%以上となります。なお、休日労働と法定時間外労働は重複しません。

このような法律で認められた割増賃金だけでなく、独自の早朝手当や深夜手当が加算される会社も多いので、従業員にとっては慣れてしまえば手当でしっかり稼ぐことができるとも言えます。

会社としては、24時間で稼働させると、同じ労働時間で昼間に人材を雇うよりも、各種手当で人件費は膨れ上がります。費用対効果を検討し、夜勤の人員を最低限の人数としたり、無駄な残業が発生しないように調整したりすることは必要です。

交代勤務

シフト管理は勤怠管理システムがオススメ

この記事では、交代勤務について紹介しました。交代勤務はうまく導入すると、限られたスペースを有効的に使い、新商品の製造や新規サービスの拡充も可能となります。

サービス業の場合は、営業時間を伸ばすことで、チャンスも広がり、さらなる顧客確保にも繋がります。介護業などの場合、通所のデイサービスしかできなかった事業所が泊まりも可能になると、より幅広いニーズに応えられるでしょう。

交代制勤務において欠かせないのがシフト表の作成及びシフト運用です。勤怠管理システムの中には、従業員ごとに希望の出勤日・時間帯を入力するだけでデータが集約され、日別・時間別に勤務可能な従業員がひと目で分かるようなシフト作成支援機能を備えた製品もあります。

また、就業形態が固定の従業員のシフト作成を自動化したり、さまざまなシフトパターンを保存して使い分けたりすることも可能です。作成したシフト表は、勤怠管理システムを通じて共有可能であるため、印刷して各自に配布する必要もありません。

「勤怠管理システムの選定・比較ナビ」であれば、豊富なシフト管理機能を備えた勤怠管理システムの中から、自社に最もマッチングするシステムを探し出すことができます。

失敗しない勤怠管理システムの選び方とは?
・勤怠管理システム検討時に抑えるべき点を整理したい
・現状の勤怠業務で管理すべき点を網羅的に整理したい
・効率化(システム化)できる点を整理したい

勤怠管理システムの選定を効率化するなら IT Forward をご利用ください。

要件定義からできるSaaS選定比較サイト
勤怠管理システムを選定する
\無料でご利用できます/